注目商品一覧 > advplus

advplusについて ※クリックで開閉
advplusは株式会社TSUKASAのフィッシング製品ブランド。
「レンタルボートフィッシングにもっとワクワクを!」をコンセプトに商品開発を行っている。

レンタルボートバスフィッシングユーザーをターゲットとした「1Gen LPC TRシリーズ」は、
100AHというパワフルなリチウムイオンバッテリーを搭載。
晴天下でも視認性の高い大型ホワイトLED、
トローリングモーターへの電源供給をOn/Offできる主電源スイッチ、
船上でのスマートフォン・アクションカメラの充電を可能とするUSB給電ポートなどなど、
徹底的に釣りユーザー目線で開発された製品です。

車道楽 代表取締役の坂田が製品開発協力を行いました。

イメージ画像 ※クリックで開閉

field staff voice ※クリックで開閉
大場未知氏 LPC TR210についてのコメント
まず第一にアングラー目線から言えば、リチウムイオンバッテリーの最大の利点は容量に対して軽量であることに尽きます。これまでの鉛製12ボルトバッテリーが23~24kgに対しadvplus LPC TR210は容量が1.5倍にもかかわらず、重量は鉛製バッテリー1個の半分に満たないのです。純粋に軽いというだけで出下船時のストレスも軽減されるだけでなく、走行スピードもアップするので、アドバンテージしかありません。また、advplus LPC TR210は100Aと24ボルトのエレクトリックモーターを使用した場合、2日間チャージすることなく航行できるスタミナも魅力のひとつです。advplus LPC TR210のテストでは10時間ほど2人乗船で15km強の移動をしたところ、使用容量は25%未満という結果が出ました。もちろん航行スピードや積載する荷物の重量にもよりますが、それでも24V仕様のエレクトリックモーターであれば2日間ノーチャージで使用するのには十分と言えます。もうひとつの魅力は防水ケースが付属することです。リチウムイオンバッテリーの弱点とも言える、浸水によるトラブルも皆無と言えるでしょう。さらには専用チャージャーが内蔵されているため、電源をコンセントに差すだけで充電できるコンビニエントな点も長所と言えるでしょう。その他にも残量がひと目で分かるデジタルメーターやUSBポートなど、アングラー思いの便利な機能が搭載されているのも特徴的です。
髙橋洋一氏 LPC TR210についてのコメント
世の中にはリチウムイオンバッテリーは数あれど、advplus LPCシリーズは”レンタルボートユーザーの為に開発されたリチウムイオンバッテリー”だということ。エレキ用に24V100Ah「advplus LPC TR210」と魚探用に12V40Ah「FF40(開発中)」使用させて頂いていますが、まずリチウムイオンバッテリー共通のメリットである「鉛のバッテリーに比べ軽量」であること。鉛のバッテリーであれば12Vが25キロ×2個で50キロと重く、これがadvplus LPC TR210であればおおよそ20キロ×1個で済むということ。また、レンタルボートではあまりにも軽いリチウムイオンバッテリーを使用するとバランサーとしてオモリを載せなくてはならなくなりますが、TR210は約20キロあるため不要。また、トーナメントに出場するとなると2日分のバッテリー(12V×2台/24V×2日間で鉛バッテリーが4個)が必要となりますが、advplus LPC TR210は100Ahと大容量である為、殆どの場合2日間充電不要(ご使用状況により個人差があります)です。これは荷物が多いレンタルボートユーザーにはメリットしかありません。また、レンタルボートユーザーには朗報というべき「USB×2ポート」と「ビルジポンプやライブウェル用のDC12V出力コネクタ」が用意されています。USBポートではスマホが手軽に充電でき、ウェアラブルカメラではモバイルバッテリー交換を気にすることなくmicroSD容量の限界まで撮影し続けることが可能。DC12V出力コネクタでは雨の日には”ビルジポンプやライブウェルの為だけ”に鉛バッテリーを用意しなくてはなりませんでしたが、それもadvplus LPC TR210なら不要となります。レンタルユーザーを問題解決へと導くリチウムイオンバッテリーがadvplus LPCシリーズです。レンタルボートならではの悩みやあったら良いなを具現化してくれるadvplus LPCシリーズを是非使ってみてください。

取扱一覧
スペーサー
related sites