イベントギャラリー
イベントギャラリー > D1 GrandPrix2011 in EBISU CIRCUIT(D1グランプリ 2011 エビスサーキット) レポート

D1 GRAND PRIX in EBISU CIRCUIT

ROUND 6&7

開催場所:エビスサーキット 南コース(福島県二本松市)

開催日:2011年8月6日(土)~8月7日(日)

天候:4日 晴れ時々曇り/5日 曇り一時雨


昨年の雪辱をはらすべく野村選手激走!


東日本大震災の影響で開催も危ぶまれたエビスサーキット。
支配人でもあり、D1ドライバーの熊久保信重氏の多大な尽力により、ドリフトの聖地「エビスサーキット」での開催にこぎつける事ができた。
そして「ホンモノのドリフト」を見たいと思う数多くの観客が詰めかけD1グラプリがスタートした。
今シーズンもいよいよ終盤へ突入。第6,7戦は恒例となった真夏の連戦(デュアルファイナルズ)だ。
昨シーズンと同様、エビスのデュアルファイナルズを終えると、最終戦・富士スピードウェイを残すのみとなるので、
今大会での結果がシリーズチャンピオン争いに大きく響く。
シリーズ4位で迎えた野村選手にとって重要なデュアルファイナルズである。
TEAM BLITZ DFellowは木曜日からサーキット入りをし練習走行をこなした。

8月6日(土) Rd6 決勝
朝の練習走行でドライブシャフトが破損するトラブルに見舞われたが、パーツを交換する事で事なきを得た。
そして迎えた単走ファイナル。野村選手は単走ランキングでもシリーズ3位につけている為シードと言えども気は抜けない。
まず、1本目無難にこなしていくが最終コーナーの飛び出しで少し元気が無いように感じられる走りであった。
2本目も同様で、決してミスは無かったが、昨年の苦手意識が働いてしまった様子で得点を伸ばすことができず、
2本目で出した98.68点で10位の成績だった。
ここまでシリーズランキング総合で4位につけた野村選手。
総合1位の斎藤太吾選手とのポイント差は30ポイント以上あるものの、逆転できる可能性も十分にある。

追走2ndステージ初戦の対戦相手は内海彰乃選手(シルビア)で、野村選手が先行で始まった。
終始安定感のあるドリフトを見せた野村選手に対し、内海選手もノーミスで終えた。わずかに野村選手がアドバンテージを得て、
入れ替わった後追いでも両者ともミスなく、野村選手は果敢にインを狙うも差がつかず、この勝負はサドンデスで決着することになった。
先行の1本目は2コーナーから徐々に引き離しにかかった野村選手であったがジャッジはイーブン。
後追いで野村選手は1コーナーからビタビタに合わせていく。これで勝負を決め、ベスト8へ駒を進めた。

ベスト8の対戦相手は高橋邦明選手(マークX)。後追いでスタートした野村選手は、ストレートでいったんつけた角度を戻してしまう。
すぐに立て直して高橋選手を追い、3コーナーでインに入る。
入れ替わった先行では、2、3コーナーで引き離しにかかる。ミスなく終えたものの、1本目の走りが影響した模様で高橋選手が勝利した。
ベスト8止まりとなった野村選手は、総合ランキング8位と一歩後退してしまう残念な結果となってしまった。
「去年クラッシュしたトラウマですね。ヘタレな走りになってしもうたとですよ。ファンの皆さん、申し訳なかです。
でも、何か見えてきました。明日は恐怖感をしっかり消していい走りをするばい。応援してください」(野村選手)


8月7日(日) Rd7 決勝
この日も前日同様単走ファナルからの出走となる野村選手。
単走ファイナルは、最終コーナーの飛び出す勢いにやや欠けるという指摘があったものの、2本ともミスのない走りで、
2本目に出した99.3点で7番手につけた。

第6戦を終え、残念ながらランキング争いで一歩後退してしまった野村選手。
単走では8位となり、第7戦でポイント奪取を図りたいところであったが、
追走2ndステージで対戦した末永正雄選手(RX-8)に負けてしまい、追走はノーポイントとなってしまった。
この対戦は、互いにミスがなく、1回では勝負が決まらずサドンデスにもつれ込んだ。先行の野村選手に対して1コーナーから合わせてくる末永選手。
そして2、3コーナーでインに食い込まれた。アドバンテージは末永選手に奪われた。
入れ替えの後追いで野村選手も接近戦に持ち込んでいく。
しかし、ドリフトで合わせていったときの角度が末永選手よりやや足りなかったという事で、
アドバンテージを覆すことができず、残念ながら僅差での敗退となった。


TEAM BLITZ DFellow監督
阿部成人氏コメント

今回は木曜日からサーキット入りをして走行を重ねました。
いい感じでレースウィークを迎えれたのですが単走ではポイントを稼げなかったので残念です。
追走もどうやったら勝てるかというところで迷ってしまい、いい結果を残せませんでした。
最後の富士は、去年のように勝ちたいですね。
野村謙氏コメント

エビスはトラウマがあったとですが、単走の1本目を終えたら“トラ”がどっかへ逃げていったとですよ。
“ウマ”はまだ1匹残っとったとですが。
追走はもうちょっと思い切って行けばよかったと、反省しとります。
富士は行きますよ。もうチャンピオンが決まるでしょうから。
有終の美を飾りたいです。



スペーサー
related sites